comics REVIEW |HOME|TOP|

■猫絵十兵衛御伽草紙

永尾まる

Amazon
猫絵十兵衛御伽草紙をAmazonで見る
/ bk1で見る

江戸時代、猫をはじめとする動物を描かせれば右に出るものがいない絵師と、絵師とともにいる猫叉が出会う平和な町の暮らしの中で綴られる人々の物語。
主人公の絵師は、人間を描くのは苦手で動物を描くのは超得意。しばしばネズミの害などに難儀する家の依頼で、猫の絵を描き、相棒である猫叉がその絵に命を吹き込みトラブルを解決するという状況。
世界観は妖怪というか猫叉が存在し、猫は猫で人間のように力の上下関係とか秩序・決まりを彼らなりに構築しているという感じ。主人公の相棒猫叉は猫社会の中では年季のはいったお方のようです。
基本は、主人公1人と1匹が関わった、江戸の町で暮らす人の人情系ドラマですが必ず猫が関係しています。
1話完結形式というか1エピソードはわりとこじんまりしたページ数。ほろりとくるものや、せつないもの、殺伐とした話もありますが最後はどんな形でもほっこりとした後味のラストがいいですね。
猫の愛らしさを含めたリアルな生態描写とベタすぎない人情ドラマが魅力。江戸の人々の「粋」なところがよく出てるのも好きだったり。

永尾まる
ねこぱんちコミックス1~ / 少年画報社
ジャンル:青年・時代・ドラマ / 好み度:★★★★★

作品名な行 , 著者名な行 [ 続刊 , 青年漫画 ]








Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る