comics REVIEW |HOME|TOP|

■リミット

すえのぶけいこ

Amazon
リミット をAmazonで見る

空気を読み意識して人間関係をソツなくこなす学園生活を送ることを意識している主人公の少女は、ヒラエルキーのトップにあるグループに所属する。そのグループのトップや他メンバーたちは一人の女子をいじめの対象にしている背景がある中、学校行事のキャンプに向かうバスが転落し、遭難。
グループのリーダーをはじめとし半数は死亡。救助はなかなか来ず、外部と連絡が取れない隔離された環境下、学校内での力関係は逆転する。つまるところいじめられっ子が暴走し暴力を振るい始め自分がされたように他者に無体な命令をするといったかんじ。容赦ない極限の状態、学校内では出なかった本音、他者の心情、主人公のうまく生きようとしてきた理由など、生々しい展開が重ねられていきます。サバイバルものに必要な導く大人がいないため、遭難した状況でも冷静な女子を据えている模様。
グロく突き抜けた展開が目立つが、人間描写はけっこうリアルで丁寧だと感じます。物語の基本的な構成は正直古典を感じるけど先がどうなるのか気になる話なのは確か。

すえのぶけいこ
講談社コミックス別フレ全6巻 / 講談社
ジャンル:少女・サスペンス / 好み度:★★★☆☆

作品名ら・わ行 , 著者名さ行 [ 少女漫画 ]








Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る