comics REVIEW |HOME|TOP|

■隠の王(なばりのおう)

鎌谷悠希

表紙画像
隠の王をAmazonで見る
/ bk1で見る

何事にも関心を示さない平凡な中学生の壬晴の身体の中には忍の禁忌の術「森羅万象」が封印されていた。その秘術を手に入れるべく各地の忍たちが暗躍し始める。
表紙の絵が好みだったのと裏表紙の内容から察するに忍者モノらしいということで購入してしまった作品(笑)
主人公は無関心と小悪魔で形容される性格の持ち主。ピンチなときでもそうでないときでも淡々としたというかテンションの低い口調と態度は変えません。澄んだ目で毒を吐き雲平先生をどん底に落とす姿がツボどころでした。
絵の線が綺麗なので読みやすく、シリアスとギャグの兼ね合いとか会話テンポとかも良いですね。人物描写はいい感じなんですが、キャラの性格付けと役割がわかりづらく、いまいち話に入り込めないところがあったりなかったり。あと現代社会における忍の物語なので忍者世界の説明台詞にオーバーさを感じたり。
巻を重ねて全容が見えてくればまた違う趣に。個人的にまとめて読んだほうが面白く感じたタイトル。

鎌谷悠希
Gファンタジーコミックス全14巻/スクウェア・エニックス
ジャンル:少年・アクション / 好み度:★★★☆☆

作品名な行 , 著者名か行 [ 少年漫画 ]








Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る