comics REVIEW |HOME|TOP|

■あさぎ色の伝説

和田慎二

あさぎ色の伝説をAmazonで見る

沖田総司を主人公とした新撰組を題材にした物語。沖田が宗次郎と呼ばれていた試衛館時代から描かれています。史実に忠実に、というより彼らの生き様や心の中にくすぶる情熱と葛藤、といった人間の内面の描写が中心。
一般に言われているイメージと違う人物像といい、フィクションなのに妙に納得させられるエピソードが多いところといい、作者の思い入れがひしと伝わる内容になっています。特に芹沢鴨の人間像が印象的。豪気で子供っぽく憎めない人物に描かれています。
私が初めて見た新撰組の話、というかこれで新撰組を知りました。尤も読んだのは小学生の時で、新撰組が歴史上実在した団体だとわかったのはかなり後になってからだったり。そのせいか、いまだに私の中の新撰組のイメージはこの作品の影響が強いです。現在シリーズ停滞中。またどこかで描いていただきたい作品の一つ。

花とゆめコミックス1~4巻/白泉社
ジャンル:歴史・ドラマ/好み度:★★★★★

作品名あ行 , 著者名ら・わ行 [ 絶版 ]








Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る