comics REVIEW |HOME|TOP|

■超心理現象能力者ナナキ

冴凪亮

Amazon
超心理現象能力者ナナキをAmazonで見る
/ bk1で見る

交通事故をきっかけに超能力に目覚めた高校生七貴の前に青と名乗る人物が現れる。それを機に七貴は超常現象対策組織LOCK機関に登録、青とコンビを組むことになるが。
サイキックアクションを基軸にしたバディもの。単純明快な世界観やわかりやすいキャラ設定なので苦もなく物語に入っていけました。サイコキネシスやテレポートなどの用語が妙に懐かしかったり(笑)最近はファンタジー系の独特な設定の話が多いのでかえって新鮮でした。「超常現象」を題材にしているので心霊系の話や吸血鬼とかも出てきますが、どちらかというと科学方面からのアプローチが強かったしね。なんとなく1エピソード完結構成なので話のメリハリが利いていて会話や展開などテンポが良かったのも好印象。伝えたいであろうテーマも明確でした。
綺麗な線画と画面構成で読みやすい絵です。アクションの見せ方がうまい。ぶっちゃけ絵柄の好みドストライク(笑)欲を言えばもうちょっと彼らの活躍を見てみたかったかなあ。ラストがちょっと中途半端ぽかったので。

冴凪亮
花とゆめコミックス全3巻 / 白泉社
ジャンル:少女・アクション / 好み度:★★★☆☆

作品名た行 , 著者名さ行 [ 少女漫画 ]








Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る