comics REVIEW |HOME|TOP|

■初恋の70%は、

山中ヒコ

Amazon
初恋の70%は、をAmazonで見る
/ bk1で見る

「初恋の70%は、」「少年について」「恋と恋の間」「はつこいけいぞくちゅう」を収録した青春学園ボーイズラブ。
「初恋の70%は、」「はつこいけいぞくちゅう」
モテ男の春日部は陸上部の杉山の走る姿を校舎からながめていた。はじめは気になる程度だった、そしてだんだん心の中に占める割合が増えていって自慰の妄想にも登場するようになるに至り自分の恋心を自覚するモテ男の春日部。親しくなりたいものの声をかけることすらできない状況の中、文化祭の実行委員会がきっかけで話をするようになるが・・。
男を好きになるという予想外の状況に右往左往したり、自覚したら親しくなれないかとうろうろしてみたり、相手が女子に嫌われたらうれしくなったり、他意のない懐くような体の接触に対する葛藤などなど、如実に描かれる思春期なテンパり心情描写が印象的な話でした。ちょっとヘンタイっぽいですがね(笑)恋は盲目というわけではなく、きちんと相手のことを見ている発言も良いな。
後日談の話もかわいいやらういういしいやら(笑)
「少年について」
カツアゲにあっているところを救った同級生佐々木に恋をしてしまった田中の話。女子リサーチから軽いキャラを演じて彼に交際を申し込むが。寡黙な男前な佐々木と乙女な田中のバランスが萌え(笑)リリカルつか可愛い話だなーと思いました。
「恋と恋の間」
バスの中で好きな人を見る先輩を好きになった少年の話。攻くんも受くんも一途なところが切なくて印象深かったです。話の構成も面白かった。心情描写を描くのがうまいなあ。

山中ヒコ
ディアプラスコミックス全1巻 / 新書館
ジャンル:ボーイズラブ・学園 / 好み度:★★★★★

作品名は行 , 著者名や行 [ ボーイズラブ ]








Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る