comics REVIEW |HOME|TOP|

■ラスト~僕らは未来のために

玉越博幸

Amazon
ラスト~僕らは未来のためにをAmazonで見る
/ bk1で見る

修学旅行での親友と恋心を抱いていた女子に対し行った行動が原因でそれまで仲のよかった3人の気持ちがばらばらになり、以後なにをするにもうまくいかなくなっていた主人公。
あのころに戻りやり直したいと思っていたところに事故に遭いなぜかその高校生時代に戻っていた。過去をかえるために2人に、自分は別の女の子がすきなのだと偽りの告白をする。
別の女の子、というのは主人公がいた世界では高校卒業後死亡した子であり特に接点がなかったのだが、主人公のでまかせにあわせ、協力の意思を見せる。
過去を悔やみやりなおしたいという望んだ青年が事故に遭いそのやりなおしたい高校生時代にタイムスリップする物語。主人公の奮戦がメインではありますが、主人公に協力する女の子の存在の謎も作品の重要なポイント。のちにそれがわかっていくというミステリ要素も含まれています。
必ずしも大団円というわけではなく痛みを伴いつつも心にしみるラストが待っています。急がず中だるみもなく、絶妙な伏線と堅実な人間描写、萌え要素も忘れない(笑)ところも魅力。物語を十二分に堪能できる秀作かと。

玉越博幸
少年マガジンコミックス全2巻 / 講談社
ジャンル:少年・恋愛 / 好み度:★★★★☆

作品名ら・わ行 , 著者名た行 [ 少年漫画 ]








Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る