comics REVIEW |HOME|TOP|

■NOBLE SAVAGE(ノーブルサベージ)

さとがねしょう

Amazon
NOBLE SAVAGE(ノーブルサベージ)をAmazonで見る
/ bk1で見る

似非江戸時代のような文化時代設定。主人公の平蔵は藩主の次男坊で、お目付け役の青年、発明好きの友人、廻船問屋の坊とともに、目安箱に入れられた相談をすべて引き受け、市井でおこる事件に片っ端から首をつっこんでいる。尤もそれは正義のためではなく父に褒められたいという気持ちのほうが強く、考えなしの行動に出ることも多々あり目立つ故に周囲からはうつけものと称されている、という設定。
行っていることに大義はあるけれど、思考パターンがどうにも一直線、軽率な行動に出やすいという主人公と、あきれつつも付き合う面々という事件ものエピソードではじまり、父親や長兄がらみの話へと続きます。
コミカルな面は面白くできているし、ちょい生々しいものの肝である人間ドラマはきちんと描かれているのに何故かしっくりこないんですよね・・;長兄やお目付け役の青年他の登場人物と主人公との距離がなんか微妙だからなのか。未成熟な主人公をはじめとしてキャラに感情移入できるかがミソのタイトルかもしれないなあ。

さとがねしょう
ブレイドコミックスアヴァルス全2巻 / マッグガーデン
ジャンル:時代・ドラマアクション / 好み度:★★★☆☆

作品名な行 , 著者名さ行 [ 少女漫画 ]








Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る