comics REVIEW |HOME|TOP|

■たとえ世界に背いても

長江朋美

表紙画像
たとえ世界に背いてもをAmazonで見る
/ bk1で見る

主人公の夕子がホームから落ちたところを助けてくれたのは一人の青年。青年の言葉に感銘を受けた夕子は、アルバイトなど放浪の日々の中でも青年のことを忘れられなかった。そんな中青年が総理である父親のSPであることを知り出奔していた実家に帰るが。
はじめのほうでは主人公がVIPのお嬢様であると明言せず、あるエピソードからそれを明かすという構成、お嬢様ながら一般庶民的というか純情で直情で可愛らしい性格、アルバイトなどで経験した技術などをしっかり自分に吸収している優秀さといったギャップな設定がすごくツボでした。
初恋の相手であるSPの青年に猛烈アタック(古語)するもなしのつぶて、名家の出の母親は家のために秘書と結婚させようとするといった障害を加えたハーレクイン的展開を見せるラブロマンス。
仕事の内容上、つれないSPの青年ですが1巻終わりで取り急ぎ2人の仲が接近しており次は障害をどう克服するかという課題に移る展開。四面楚歌というわけでもないぬるさが個人的に良。

長江朋美
白泉社レディースコミックスSilky全3巻 / 白泉社
ジャンル:恋愛・女性 / 好み度:★★★★☆

作品名た行 , 著者名な行 [ 女性漫画 ]








Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る